上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『少しのハッピーで生きていける。

 少しのアンハッピーで絶望する。

 ボクはそういう簡単な生き物だから。

 キミは笑ってくれていればいい。』

















































なんて。。ゴメンナサイ 嘘をつきました。

ボクも勝手に生きてるから みんな勝手に生きてていいはず。

卑屈になってる自分は嫌い。

だけどそんな自分でも自分だけは受け入れてあげなくちゃ。

逃げ出したい だけど失うのは嫌だ。

本当は寂しいなんて言いたくない。

良い人でもないのに良い人でいようとするから歪が生まれる。

ポッカリあいた胸の隙間にぴったりとはまる言葉が見つからない。

近道を探していたはずなのに いつの間にか遠回りして

崩壊は知りたくないと思いながら 自らの手で壊した。

太陽がまぶしくても 空気が冷たければボクは拒否されているのだ。

脳がきしきしと痛む。

虚しさや悲しさを吐露することだけがすべてではないはずだ。

この手に針と糸を持ち 老眼になるまで全てを繕っていよう。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。